どうぞゆっくり読んでください

アプローチの基礎

がむしゃらに何かに取り組んでいると、周りが見えなくなってしまいます。

自己完結でいいものであればそれでもいいのかもしれません。

しかし、相手がいる場合、特に読者様やお客様が相手の場合は、自分の事ばかりをアピールしても物事はうまくいかない場合が多いと思います。

相手の立場になって考えられる思考を持っていた方が、物事はより円滑に進みます。

相手の立場に立てる思考を持つという事は、まずは自分を知ることから始まります。

自分がどうしたいのかを把握して、そのことを踏まえながら相手に接する。

相手が何を求めているのか、自分は何が出来るのか、それらを考慮しながらお互いの利益や有益な事を提案する。

これをベースに考えているのか、いないのかで、相手に対するアプローチは違ってくると思います。

思いやりや感謝。

そんな気持ちを有効利用して、よりいい関係を築いていきましょう。

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。

    None Found
«  アプローチの基礎  »

よかったらコメントをお願いいたします

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。