どうぞゆっくり読んでください

副業もいろいろあるんですね

今日友人と話していて、収入の話になりました。

その友人曰く、やっぱり正業だけじゃあ厳しいとのこと。

なので、副業をたまにしているのだとか。

彼は、もともとジュエリーデザイナーをやっていたので、その経験を活かしてジュエリーを注文販売しているそうです。

僕らの世界で、副業といえば、ネットビジネスですが、オフラインの副業とは、どんなものがあるのでしょう?

僕の友人の様に手に職やネットワークなどがあれば、それを使っての副業も可能ですね。

アルバイトも副業ですが、禁止されている会社も多いのではないでしょうか?

では、どんな副業があるのでしょう?

コインロッカービジネスというものがあり、誰でもオーナーになることができるそうです。

オーナーになってコインロッカーの利用料(売上げ)のうちいろいろなものを差し引いた額がオーナーの収入となるそうです。

自動販売機関連の副業もあるようです。

これは、いくつか方法があるようで、自分で自販機を買って設置し、その売上げから収入を得ていくやり方や利用者がが多そうな場所の所有者に設置を交渉して契約を結ぶことで 収入を得るやり方、夜間の自販機を管理するやり方などがあるそうです。

治験モニターという副業もあり、発売前の化粧品や健康食品、新薬などのモニターをして報酬をもらうというもの。

ショップの陳列棚を月極めでレンタルしてそこに商品を置き、売れると諸経費を差し引いたものが報酬となる副業もあるのだとか。

ベビーシッターやホームヘルパーなどの資格があれば、それで副業ができるのだとか。

スポーツインストラクターも副業になり得るそうです。

また、結婚式の代理出席、ポスティング、お墓参り代行などもあるそうです。

昔からある内職も副業ですね。

データ入力という副業もあるようで、やったことがないので想像ですが、いつでもどこでもできてネットビジネスに似ている印象を受けます。

などなど、探せばもっといろいろでてきそうですね。

大きく分けると、在宅系、ネットワーク系、接客業系、代行業系、投資系に種別できるようです。

共通して言えることだと思うのですが、どの副業も努力が必要です。

楽をして、稼ぐということはなかなかないですね。

副業をやるのであれば、基本自分に合ったものを選ぶ方が続けられそうですね。

将来性でいえば、ダントツ、ネットビジネスだと思います。

最初は、自己投資も必要だと思いますが、可能性は大きいのではないでしょうか。

メルマガアフィリをするのであれば、リストを得なければなりません。

リストを得るためには、ノウハウやツールが必要です。

ほかのアフィリエイトやネットビジネスでも似たような感じだと思います。

同じ努力をするのであれば、将来性があるものの方がやりがいがあるのではないかと思います。

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。

    None Found

よかったらコメントをお願いいたします

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。