どうぞゆっくり読んでください

夏バテ防止 その2 睡眠

夜になっても気温はそれ程下がらず、いかにも寝苦しそうな湿度。

そして、オリンピック。

睡眠不足は目に見えています。

これでは体がもちません。

出来る限り睡眠をとる時間を確保しましょう。

それにはまず、環境作り。

節電がうたわれて久しくなるのですが、僕はエアコンを使っています。

なぜなら、窓全開も考えたのですが、朝方4時過ぎにはもう明るくなって来るので眠りが浅い時は目が覚めてしまうからです。

遮光してくれるカーテンもありますが、カーテンを閉めると風は入って来ません。

結果、眠れない。

なので、エアコンを使っています。
エアコンの設定温度の目安は、28度くらいだそうです。
睡眠中は体温が下がるので、寝始めにちょっと暑いと感じるくらいがちょうどいいそうです。

扇風機も考えたのですが、僕の住んでいる部屋は、どうも熱が溜まりやすいらしく扇風機だとちょっと役不足でした。
注意点としては、どちらの場合も冷風が身体に直接あたるのを避けることやタイマーを使う事だそうです。
身体を冷やしすぎたり、身体を乾燥しすぎたりしてしまうと、かえって夏バテになってしまう可能性が高まってしまうとか。

固めの布団やマットで背骨をのばして眠るようにした方が身体が休まるそうです。

僕のおススメは、高反発のマットレスです。
以前は、低反発のマットレスを使っていたのですが、沈み過ぎてマットレスに触れている部分がジワ~っと汗ばんでしまい暑くって眠れませんでした。

また、寝ゴザを使ってみたり、クールジェルを利用したパッドなども試してみる価値はあると思います。

除湿機も最近は人気のようですが、物によっては出てくる風が割と温かいのでチェックした方がいいと思います。

寝室に大きめの観葉植物を置くとよく眠れるという話も聞きました。

僕もこれは試してみたいと思います。
もしかしたらこれが一番よく眠れるかもしれないと密かに期待しています。

良質な睡眠を当たり前のようにとって体調を整え思い通りの結果を出しましょう!

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。

    None Found
«  夏バテ防止 その2 睡眠  »

よかったらコメントをお願いいたします

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。