どうぞゆっくり読んでください

夏バテ防止のために

暑い日が続きます。
何もしないでも汗が噴き出していまい
水分や塩分などが
カラダから出ていってしまいます。

こまめな補給が大切なのですが、
具体的にはどのくらいかとか
何を摂ればいいのかといった
事を知っていれば
かなり夏バテ防止に役に立つのではないでしょうか。

水分補給は、
成人が一日に必要な水分量は、排出量と同じ量の2.5リットルだそうです。
体重×50mlが目安だそうです。
どのくらいの水分補給をすればいいのかというと、
1日に1.5から2リットルだそうです。
ここで気を付けてほしいのは、
一気にがぶ飲みをしてしまうと
肝臓に負担がかかってしまうので、
回数を分けて補給をしてください。

栄養素の補給は、
梅干、レモンや醸造酢などが
乳酸などの疲労物質を分解するそうです。

エネルギー代謝を良くするのはビタミンB群だそうです。
豚肉やウナギ、レバー、赤身の魚、玄米などがいいようです。
他にもいろいろあるので、
機会があれば
一覧表を作りたいと思います。

それに、大豆食品、卵、肉、魚、牛乳などのタンパク質。
キュウリは利尿作用のある野菜だそうで、
これもいいそうです。

食欲がすぐれない時は、
香味野菜や香辛料を食事と一緒に食べると
食欲を刺激されるそうです。
カレーとか。

あと、ミネラルもバランスよく摂ってください。

できれば、なるべく良質なものを
摂った方が、体に優しいようです。

水分補給や栄養補給をしっかりとして、
この夏を乗り切りましょう!

元気だと新しいアイディアも出てきたり
モチベーションも上がりますので、
結果として
いいビジネスが出来ると思います。

そういった意味でも
元気が一番だと思います。

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。

    None Found

よかったらコメントをお願いいたします

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。