どうぞゆっくり読んでください

野菜多めの食事で楽観的になろう

このブログが、滞ってしまっていた理由の一つに運動を始めたばかりで、体力的に余裕がなかった。

まあ、いいわけですが。

なぜだか急に、健康を意識するように頭の中のスイッチが入ってしまいました。

そして、体を動かすだけではなく、食事にも気を使うようになりました。

朝のコーヒーは、ローズヒップのハーブティに変え、スピルリナを飲むようになり、午後のお茶は、エキナセア。

がっつり肉食で、割と暴食気味でした。

それが、野菜中心の生活にシフトしてきています。

もちろん肉や魚もたべますが、今はとにかく野菜がおいしく感じています。

そんな中、こんな記事を見つけました。

野菜や果物をたくさん食べると将来に対して前向きになれる、つまり楽観主義になれるということが判明したとアメリカのハーバード大学が研究結果を明らかにしたそうです。

野菜をガンガン食べると、楽観主義になりやすいそうです。

楽観主義と呼ばれる人々の血液中に含まれるカロチノイドという成分濃度は、そうでない人と比べて非常に高いのだとか。

ニンジンなどオレンジ色の緑黄色野菜や果物なんかに多く含まれているそうです。

ハーバード大学によると、このカロチノイドには、血中の抗酸化作用を高めることや抗酸化作用によってストレスレベルを緩和するなどの効能があるとのこと。

健康っていうことばは、これからもっと重要になってくるのだと思います。

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。

    None Found
«  野菜多めの食事で楽観的になろう  »

よかったらコメントをお願いいたします

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。